PR

ライフ ライフ

将棋で8つ目の女流タイトル戦創設 ヒューリック杯白玲戦女流順位戦 

記者会見で「ヒューリック杯白玲戦女流順位戦」の創設について語るヒューリックの西浦三郎会長=6日、東京・千駄ケ谷の将棋会館(日本将棋連盟提供)
記者会見で「ヒューリック杯白玲戦女流順位戦」の創設について語るヒューリックの西浦三郎会長=6日、東京・千駄ケ谷の将棋会館(日本将棋連盟提供)

 日本将棋連盟と不動産デベロッパー「ヒューリック」などは6日、8つ目の女流タイトル戦「ヒューリック杯白玲(はくれい)戦女流順位戦」の創設を発表した。男性棋戦の順位戦と同様のシステムで、最上位クラスのA級の優勝者が白玲のタイトル保持者に七番勝負(1日制)で挑戦する。女流タイトル戦の七番勝負は初。

 主催はヒューリックで、優勝賞金は女流タイトル戦では最高額となる1500万円。これまでヒューリックが主催していた「ヒューリック杯清麗戦」は第3期から大成建設が主催する「大成建設杯清麗戦」となる。

 第1期は現役女流棋士と女流タイトル保持者の計64人が参加。8クラスに分かれ、今年11月から順位を決める順位決定戦(リーグ戦)を行う。各クラスの優勝者8人による順位決定トーナメント戦を行い、来年9月の決勝戦を七番勝負とし、第1期白玲を決める。

 第2期以降は第1期の成績でA級(10人)、B級(同)、C級(20人)、D級の4クラスに分かれてリーグ戦を実施。A級の優勝者が白玲への挑戦権を獲得する。成績によって昇級や降級もある。「白玲獲得で女流三段」「A級昇級で女流二段」「B級昇級で女流初段」「C級昇級で女流1級」の独自の昇段規定も設けた。

 会見で、ヒューリックの西浦三郎会長は「本当の意味の実力が出てくるのではないかと、順位戦という形をとらさせていただいた。女流棋士にはもっと強くなってほしい」と語った。  今年12月からは「ヒューリック杯白玲戦女流順位戦」の専門テレビ番組「女流棋士No.1への道」(仮称)がBSフジで月1回、放送される予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ