PR

ライフ ライフ

「もっと熱海来て」「油断できない」観光地、期待と不安交錯「Go To」東京発着追加で

JR熱海駅前の商店街。旅行先の買い物などに使えるクーポンの関連ステッカーも目立つ=1日、熱海市(岡田浩明撮影)
JR熱海駅前の商店街。旅行先の買い物などに使えるクーポンの関連ステッカーも目立つ=1日、熱海市(岡田浩明撮影)

 政府の観光支援事業「Go To トラベル」の対象に東京発着の旅行が追加された1日、新型コロナウイルス感染拡大で苦境に追い込まれている観光地の熱海市では、「誘客の追い風にしたい」と期待する声が出る一方、感染拡大への不安も聞かれた。

 9月の4連休には首都圏から大勢の観光客が訪れ、にぎわいが戻りつつあるJR熱海駅前。駅近くの土産物店の女性店員は「久しぶりに疲れた。心地よい疲れだった」と声を弾ませた。東京発の観光客増加が見込まれるなか「もっと熱海に来てほしい」と期待する。

 一方、人の往来が増えれば感染を誘発する可能性もあるだけに、飲食店の男性店員は「観光客には来てほしいが、まだ油断できない」と懸念を口にする。

 市によると、市内の宿泊者数は感染拡大の影響で宿泊施設などの休業が相次いだ5月、約2・5万人に落ち込んだ。7月は約12万人まで持ち直したが、昨年同月の約25万人にはほど遠い。市は冷え込んだ地域経済を立て直すため、感染防止対策など受け入れ態勢を徹底した上で、東京発着旅行追加による集客効果に期待を寄せている。

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ