PR

ライフ ライフ

山梨県、休業要請11月末まで延長 全国唯一の個別解除方式

 新型コロナウイルス感染対策として全国で唯一、一部事業者への休業要請を続けている山梨県は29日、要請を11月末まで継続すると決めた。延長は7度目。山梨独自の個別解除方式を進める。

 県は休業要請を続けた上で、感染拡大防止基準を満たした施設や店舗に対し要請を個別解除しており、パチンコ店など多くの施設が営業を再開。要請は事実上、キャバクラなど接待を伴う飲食店などが対象となっている。

 対策本部会議で長崎幸太郎知事は「山梨方式が効果を上げる一方、感染状況は警戒が必要だ。引き続き、感染拡大防止と経済の両立を図る」と指示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ