PR

ライフ ライフ

張栩九段、高尾九段が発進 囲碁の十段戦本戦が開幕

第59期十段戦の本戦トーナメントが開幕。張栩(ちょう・う)九段(右)が瀬戸大樹八段に勝利した
第59期十段戦の本戦トーナメントが開幕。張栩(ちょう・う)九段(右)が瀬戸大樹八段に勝利した

 産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「第59期十段戦」の本戦トーナメントが28日開幕した。7期ぶりに本戦進出を果たした張栩(ちょう・う)九段(40)が、瀬戸大樹八段(36)に白番中押し勝ちし、2回戦に進んだ。また、十段2期の実績がある高尾紳路九段(43)は、十段4期などタイトル22期の王立誠(おう・りっせい)九段(61)に白番中押し勝ちし、ベスト8へ進出した。

 日本棋院と関西棋院に所属する約450人の棋士による予選を勝ち抜いた16人と、前期五番勝負で敗れた村川大介九段(29)、本戦ベスト4に入った井山裕太三冠(31)らのシード組を加えた20人が、トーナメント形式で対局。初防衛を目指す芝野虎丸十段(20)=三冠=への挑戦権をかけた激しい戦いが繰り広げられる。

 来年2月までに挑戦者が決定。五番勝負は3月上旬に開幕する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ