PR

ライフ ライフ

コロナ対策の司令塔「東京版CDC」、10月1日に新設

定例記者会見を行う小池百合子都知事 =25日午後、東京都庁(植村光貴撮影)
定例記者会見を行う小池百合子都知事 =25日午後、東京都庁(植村光貴撮影)

 東京都の小池百合子知事は25日の定例記者会見で、新型コロナウイルス対応強化のため準備を進めてきた米疾病対策センター(CDC)の東京都版を10月1日に設立することを発表した。専門家を集めた「専門家ボード」も加わって院内感染の拡大防止や感染経路の調査、医療提供体制の確保などの対策に取り組む。

 名称は感染症全般の対策を担うことを表すため「infectious」(感染性の)のiをとって「東京iCDC」(東京感染症対策センター)で、都の感染症対策部の職員約80人が中心となって活動する。民間企業、政府などとも協力し、調査研究、情報収集も行うとしている。

 専門家ボードの座長は東北医科薬科大の賀来満夫特任教授(感染症学)。今後、賀来氏の下で専門家の人選を行い、医療提供体制▽疫学・公衆衛生▽感染制御-などの分野ごとにチームを設け、具体的な提言や助言を行う。

 小池氏は「新型コロナとインフルエンザの同時流行に備え、スピード感をもって対応する」と述べた。7月の都知事選で設立を公約に掲げていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ