PR

ライフ ライフ

【湖国の鉄道さんぽ】併用軌道の楽しみ方 街角の鉄道標識、並走する車 京阪京津線

 今度は向かい側の歩道で、道路を電車が横断する地点を見る。びわ湖浜大津駅へ向かう列車にも時速15キロの制限がかかっており、電車がゆっくりと道路上に現れる様は迫力満点。路面電車の長さは上限30メートルと決められているが、この区間は国から特別な許可を受け、4両編成長さ66メートルでの走行が可能になっている。

 ふと線路脇を見ると「40」と書かれたくいが打たれている。これは「曲線標」。曲線半径40メートルを示している。ここは京阪大津線で最も急なカーブだ。

 琵琶湖へ歩いて下っていく。電車は併用軌道では交通信号機に従うのだが、その信号の手前に電灯が設置されている。これは「残時秒表示灯」。信号が黄色に変わる数秒前に消灯する仕組みになっている。電車は車と違って急には止まれないため、前もって信号の変化を知らせているのだ。

 アーケード商店街が続く中町通り付近が、最も勾配がきついところ。それを過ぎると、電車が電気を取り込む架線への送電系統が切り替わることを知らせる標識が現れる。電気関係らしく、イナズマのようなデザイン。赤と白の横ストライプの標識は、送電区間内にいることを示す。

 下り坂を下り切ったあたりにも時速15キロの速度制限標識がある。電車は右へ急カーブしてびわ湖浜大津駅へ進入する。次は電車に乗り込み、運転席にかぶりつけば、次々と鉄道標識が見えてくる。くれぐれも安全第一に努める運転士さんの邪魔にならないように。

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ