PR

ライフ ライフ

【湖国の鉄道さんぽ】併用軌道の楽しみ方 街角の鉄道標識、並走する車 京阪京津線

時速15キロを指示する速度制限標識(左)。右奥の速度制限解除標識まで適用される
時速15キロを指示する速度制限標識(左)。右奥の速度制限解除標識まで適用される
その他の写真を見る(1/3枚)

 道路に鉄道の線路が敷かれた併用軌道。大津市の京阪京津線で、上栄町駅から急カーブで県道に出て、びわ湖浜大津駅まで坂を下っていく600メートル余りの区間がそのタイプだ。普通の鉄道では遠くから眺めるかたちの鉄道標識が街角の手の届く位置にあったり、特例で認められた長さ66メートルもの電車が車と並んで走る迫力を感じたりと、併用軌道ならでは楽しみ方がある。

 まずは上栄町駅近く、線路のみの専用軌道と併用軌道の境目を見に行こう。大津京町郵便局の付近、琵琶湖を背にした左側の歩道で架線柱にある鉄道標識を見つけることができる。上に「15」、下に「50M」と書かれているこの板は「速度制限標識」。ここから50メートルの間は速度を時速15キロに制限するという意味だ。この指示を受け、電車は最徐行で右カーブを曲がり、専用軌道に入る。

 専用軌道に入る直前、踏切の警報機と同じ場所にも標識がある。四角形の対角線を線で結び、上下の三角形を黒く塗った「速度制限解除標識」。速度制限の指示がこの地点で解除になることを知らせている。目の高さにあり、じっくりと見ることができる。

続きを読む

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ