PR

ライフ ライフ

和歌山・白浜、7~8月の観光客数3割減 コロナ禍の中「健闘」

 ただ、観光客が増えるお盆休み期間中(8月8~16日)でみると、台風の影響を受けた昨年の同時期(7万5320人)よりやや多い7万8千人だった。

 観光課の担当者は「7月には梅雨が長引いたことが影響したが、8月は台風も来ず、天候に恵まれた」と分析。減少した宿泊客については「国の『GoToトラベル』は補助があるため、宿泊客の一人あたりの単価は上がっているという声も聞いている」という。

 白浜観光協会の藤田正夫会長は「白良浜を海開きしたことで、持ちこたえた。これがなければ前年比で大幅な減少になった可能性がある」と海開きした町の決断を評価する一方、「コロナは予断を許さない状況で、今後も先が見えにくい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ