PR

ライフ ライフ

藤井聡太棋聖インタビュー 「まだ強くなる余地ある」

本紙との単独インタビューで、色紙に「探究」と記した藤井聡太棋聖(桐山弘太撮影)
本紙との単独インタビューで、色紙に「探究」と記した藤井聡太棋聖(桐山弘太撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

強みは自分では分からない。人と比べて意識しないんです。

 将棋のタイトル戦「第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)を制し、史上最年少で初タイトルを手にした藤井聡太棋聖(18)の就位式が23日、都内で開催される。藤井棋聖は就位式を前に、本紙の単独インタビューに応じ、自らの課題を分析した上で「まだまだ強くなる余地があると思います」と語った。

 藤井棋聖はインタビューの中で、幼少期の将棋との出会いから現在の日常生活、対局での課題、自分の将来像などを吐露した。

 公式戦については、中盤で読みを深めるため時間を使い終盤に十分な時間がなくなることもあり「予想にない手を指されると対処が難しい。中盤の戦い方が課題」と総括。その上で「どんな局面でもしっかり自分で考え、最善手や好手に近づくのが一つの理想。自分の中でまだまだ強くなる余地はあると思います。強くなることは今後も常に目標」と、さらなる高みを目指す思いを口にした。

 将棋界は「藤井時代」が到来した。初タイトルの棋聖から1カ月余りで王位も獲得し、2冠を保持する藤井聡太棋聖が単独インタビューに応じた。タイトルを背負う棋士としての自覚や今後の目標について言及する一方、普段の生活や気になるニュースにも触れ、18歳の等身大の姿も浮かび上がった。(中島高幸)

 --注目された第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負は、第2局で指された、守りに使う金を攻めに使った△5四金や、攻めに使う持ち駒の銀を受けに使用した△3一銀などが“常識外れの一手”として話題になった

 「△5四金に関しては、似たような形を事前に考えていたことがあり、(状況に応じて)やってみたい手でした。△3一銀は結構指し方が考えられるところで、一番いいとは言い切れないですが、自分なりに方針を決めてしっかり指せたという意味では収穫があったと思います」

 --「弱点が見つからない」ともいわれるが、自らの強みと課題をどう自己分析しているのか

 「強みは自分では分からないというか、人と比べて意識しないんです。(これまでは)中盤で読みに頼りすぎてしまうことが多かったと思うので、中盤の判断や戦い方が課題かと思います」

 --世間では天才棋士と呼ばれることも多いが、どう受け止めているのか

 「注目していただけるのはありがたいことだと思います。自分としては変わらず、よりよい将棋をお見せできるよう心掛けたいです」

 --自身の性格について楽観主義と悲観主義のどちらと思うか

 「将棋では楽観も悲観もしていないですが、どちらかといえば悲観してしまう場合が多いので、そのあたりを気をつけたほうがいいのかなと思っています」

 --中学1年生でプロ棋士の養成機関「奨励会」の三段に上がったとき、人工知能(AI)搭載の将棋ソフトを使い始めた。利点をどう感じているか

 「(ソフトには)気づかなかった手や判断を教えられることがあり、将棋の可能性を広げてくれると思っています。指し手や形勢について、自分なりに解釈し、判断することが大事です」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ