PR

ライフ ライフ

処理水処分「早期決定を」 福島原発立地の大熊町議会

 東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)で増え続ける放射性物質トリチウムを含んだ処理水をめぐり、地元の大熊町議会は18日、処分方法を早期に決めるよう国に求める意見書を賛成多数で可決した。

 双葉町と、同原発から近い楢葉町の両議会も17日までに同様の意見書を可決。これまで県内の市町村議会では継続保管を求める意見書の可決が続いたが、立地2町と楢葉町はこれらと一線を画す内容となった。

 大熊町議会の吉岡健太郎議長は可決後、「保管が続けば町民の帰還意欲が下がり、町復興の足かせになる」と話した。

 意見書は、町民帰還や新規移住者増には廃炉が確実に進められることが必須と指摘。国民の理解を得るための丁寧な説明と、風評被害への対策拡充や強化を求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ