PR

ライフ ライフ

高齢者らのインフル接種無償化 埼玉県、コロナ対策

新たな補正予算案について説明する大野元裕知事=17日午後、埼玉県庁
新たな補正予算案について説明する大野元裕知事=17日午後、埼玉県庁

 埼玉県の大野元裕知事は17日、新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備えるため、65歳以上や60~64歳で基礎疾患がある県民を対象に、インフルエンザの予防接種を無償化する方針を明らかにした。県の新型コロナウイルス対策本部会議で表明した。

 無償化の対象は10~12月の接種分。インフルエンザ流行期の発熱者を減らすことで医療現場の負担を軽減する狙いがある。

 大野知事は会議で、かかりつけ医などの身近な医療機関で新型コロナウイルスとインフルエンザの両方を検査できる体制を整える方針も示した。現状では新型コロナウイルスの検査を受ける場合は保健所などを経由する必要があるが、地域の医療機関で対応する体制に転換すれば、より多くの検査が可能になるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ