PR

ライフ ライフ

埼玉知事、給与3割削減 新型コロナ「取り組む姿勢示す」

埼玉県の大野元裕知事=17日午後、県庁(中村智隆撮影)
埼玉県の大野元裕知事=17日午後、県庁(中村智隆撮影)

 埼玉県は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大野元裕知事の今年末までの給与を3割削減する条例案を発表した。施行日から12月末までの約2カ月半分を想定しており、削減額は211万5千円。

 大野知事は記者会見で「厳しい財政状況の中でも感染症対策に全面的に取り組んでいる姿勢を示す」と強調した。「人事委員会が県庁の一般職の職員給与を減額する方向の勧告を出すかもしれない」と説明した上で「勧告前に特別職はきちんとした姿勢を示さないといけない」と述べた。

 条例案には副知事と教育長の給与減額も盛り込まれており、削減分は「新型コロナウイルス感染症対策推進基金」に積み立てる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ