PR

ライフ ライフ

「高校3年間の集大成の場を」 元テニス実業団選手、高3限定のテニス全国大会を実現

大会では表彰式もマスク着用で行われた=札幌市
大会では表彰式もマスク着用で行われた=札幌市
その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大で高校生のスポーツ大会の中止が相次ぐ中、テニスの元実業団選手が「高校3年間の集大成の場を」との思いから、高3限定のテニス全国大会を企画した。開催に賛同の輪が広がり、横浜のクルーズ船で消毒作業に当たった清掃業者らが会場での感染対策に協力。運営資金はインターネットを活用したクラウドファンディング(CF)で調達するなど、多くの支援者に支えられ実現にこぎつけた。

 今月5日から地方大会が行われているのは、高3限定のテニス全国大会「全国高3テニス チャレンジトーナメント」。コンサルティング会社「ネクサス」(東京)を経営する高松伸吾さん(42)が発案した。強豪の早稲田大庭球部出身で25歳まで実業団で選手を続け、現在は同社でテニスコーチの育成・派遣事業などを手がけている。

 感染が拡大した4月、高校生が出場を目指す全日本ジュニアと全国高校総体の中止が決定。高松さんには「高3生がかわいそうだ」との思いが募ったが、日本テニス協会や全国高等学校体育連盟などから代替大会の動きはみられなかった。

 「誰もやらないなら、やるしかない。努力の成果を発揮する場所をプレゼントしよう」。高松さんは決意し、同郷の先輩でアトランタ五輪代表、鈴木貴男さんや国内最大級のテニス総合サイト「テニス365」の責任者らに声をかけて、計画をスタートさせた。

 高松さんらは全国10会場で9~10月に地方大会を行い、男女の上位進出者各32人による全国大会を11月に計画した。大会運営に必要な資金は約800万円。「個人では到底賄えない」と、CFの活用を決め、広く支援を求めた。開始から1カ月半の8月半ばには目標金額を達成。申し込みは計853件に上った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ