PR

ライフ ライフ

震災遺構の中浜小、26日から一般公開

校舎1階の多目的ホールに津波の被害を受けた下駄箱や机のほかにも流れ着いた樹木が震災当時そのままの状態で展示されていた=16日、宮城県山元町(塔野岡剛撮影)
校舎1階の多目的ホールに津波の被害を受けた下駄箱や机のほかにも流れ着いた樹木が震災当時そのままの状態で展示されていた=16日、宮城県山元町(塔野岡剛撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 東日本大震災で津波の被害を受けながらも、児童ら90人が屋上に避難して助かった宮城県山元町立中浜小学校で16日、震災遺構として一般公開されるのを前に報道陣に公開された。内部では津波の爪痕が色濃く残り、脅威の一端を伝えていた。26日から一般公開される。

 中浜小では震災時、約10メートルの津波が襲ったが、児童52人を含む90人が屋上に避難し、全員無事だった。公開された校舎1階の多目的ホールには津波をかぶったげた箱や、流れ着いた樹木などが被災当時のまま残されていた。また、児童らが避難した屋上にある小屋内部も公開。当時、児童らが暗闇の中で一晩を過ごしたままの状態で保存され、見学者が当時を想像できるよう工夫がなされている。

 町では新型コロナウイルスの影響で伝承活動が停滞したことを考慮し、校舎での有料の語り部ガイドを今年度中は無料で行う。町生涯学習課の八鍬智浩さんは「震災当時の避難行動を考え、家庭や職場で防災意識を高めるきっかけにしてほしい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ