PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】作家・湊かなえ(47)(10)「イヤミス」で前向きに

 一つだけ、「爆弾が本当に爆発したのかどうか分からないラストにしてください」とお願いしました。爆発してほしい人は爆発したと思うだろうし、爆発してほしくない人は、別の展開があったんじゃないかと思うだろうし、どっちにも解釈できるようにしてほしい。最後は、映画を見た方に委ねたいと思ったのです。

 《主人公の女性教師は、松たか子さんが熱演した》

 松さんが受けてくださらなかったら、この話は白紙にというくらい、中島監督の中では松さんのイメージが強かったそうです。ロケ現場に見学に行って教室の場面を見たら、私も松さんしかいないと思いました。映画は素晴らしかったです。自分が文字で書いたものが、こんなふうに映像で表現されるんだと感激しました。

 《その後も、数々の小説が映画化、ドラマ化され話題作となる》

 TBSでドラマ化された『夜行観覧車』『Nのために』『リバース』をはじめ、テレビドラマを見て本を手に取ってくださる方がたくさんいました。本当に幸せな映像化が多かったと思います。(聞き手 横山由紀子)

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ