PR

ライフ ライフ

コロナ禍で活動縮小の高校書道部が交通啓発の横断幕

 最初の文字「追」を書いた部長の2年、楠瀬早記さん(17)は「誰が見てもいい作品と思ってもらえるよう、最後のハネを迫力あるように書きました。コロナ禍が収まるように、との思いも込めました」と語った。

 標語に添える「箕島高等学校書道部」の文字を担当した1年、谷口莉緒さん(15)は「書道部の名を汚さないよう、力いっぱい書きました。作品を見ることで、車間距離をとる大切さを思い出してほしい」と訴えた。

 署の講初(こううい)勝仁・交通課長(44)は「われわれ署員も皆さんの気持ちをしっかりと受け止め、事故が1件でも少なくなるよう、引き続き広報や悪質違反者の検挙に努めます」と話した。

 横断幕は、秋の全国交通安全運動初日の21日、市内の箕島漁港にある有田箕島漁協直営施設「新鮮市場浜のうたせ」(宮崎町)で開かれる啓発イベントで掲示される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ