PR

ライフ ライフ

千葉市のキャバクラでクラスター 県内で新たに30人感染

千葉県庁
千葉県庁

 千葉県では15日、新たに10~90代の男女30人の新型コロナウイルス感染が確認された。千葉市中央区のキャバクラ「CLUB DIDA」では男女の従業員7人の感染が判明。同店では従業員2人の陽性が既に分かっており、市はクラスター(感染者集団)と認定した。

 市によると、同店では入店時の検温や従業員のマスク着用、4人以上のグループでの来店を断るなどの対策を取っていた。一方で、店内の換気が不十分だったほか、業界のガイドラインが求めている利用客の連絡先の記録などはしていなかった。市は4~10日に同店を利用し、発熱などの症状が出た人は最寄りの保健所に相談するよう呼び掛けている。

 いすみ市の県立大原高校では20代男性教諭の感染が分かり、県教育委員会は15日から同校を臨時休校にした。生徒や教職員について県が濃厚接触者の特定を進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ