PR

ライフ ライフ

核ごみ応募、議会に請願 北海道神恵内村の商工会

 原発の高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた文献調査について、北海道神恵内村の商工会が、応募検討を求める請願を村議会に提出していたことが11日、関係者への取材で分かった。国が平成29年に処分の適地を示した科学的特性マップを公表後、応募検討に向けた動きが判明するのは村から約40キロ離れた寿都町に続き全国2例目。

 神恵内村は泊原発(泊村)の30キロ圏内に位置し、8月末時点で人口823人。特性マップでは村のほぼ全域を「好ましくない特性があると推定される地域」として不適だとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ