PR

ライフ ライフ

「大阪の魅力、世界中に発信」万博開催で地方創生相

意見交換した大阪府の吉村洋文知事と北村誠吾地方創生担当相=9日、大阪市北区(渡辺恭晃撮影)
意見交換した大阪府の吉村洋文知事と北村誠吾地方創生担当相=9日、大阪市北区(渡辺恭晃撮影)

 大阪府の吉村洋文知事と北村誠吾地方創生担当相は9日、大阪市内で意見交換を行った。吉村氏が2025年大阪・関西万博について「確実に成功に向けて進めたい」として準備状況を説明したのに対し、北村氏は「万博を契機に地域の活性化を図ることで、魅力を世界中に発信できることになる」と述べた。

 北村氏はこれに先立って府咲洲(さきしま)庁舎50階から夢洲(ゆめしま)(同市此花区)を視察した。

 このほか吉村氏は意見交換で、万博会場となる大阪湾の人工島・夢洲のほか、JR大阪駅北側の再開発地域「うめきた2期」を候補地として、国家戦略特区を活用した最先端都市「スーパーシティ」の実現を目指す考えを伝えた。

 意見交換後、記者団の取材に応じた吉村氏によると、北村氏はスーパーシティに関し「国と地方が情報共有しながら取り組むことが重要だ」と言及。吉村氏はスーパーシティの柔軟な提案が可能となるよう、国家戦略特区の要件緩和を求めたという。

 吉村氏は記者団に「国の規制緩和を組み込みながら、大阪のポテンシャルを最大限発揮できる街づくりをしたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ