PR

ライフ ライフ

経団連の中西会長、解散総選挙を疑問視 

記者会見する経団連の中西宏明会長=7日午後、東京都千代田区
記者会見する経団連の中西宏明会長=7日午後、東京都千代田区

 リンパ腫の再発で7月中旬から入院治療している経団連の中西宏明会長は7日、病院を一時退院して定例の記者会見に臨んだ。自民党総裁選に関連して取り沙汰されている衆院の解散・総選挙について、新型コロナウイルス感染拡大への対策として医療体制の抜本的な改善、政府のデジタル化などすぐやらなくてはならないことが山積しているとし、「その中で選挙に持ち込んで何を議論するのか」と疑問を呈した。

 中西氏は会見で、新型コロナによる経済停滞について、「一歩間違えば大量の解雇や失業、倒産、金融危機にまで行くような状況」と指摘。政府との協力関係について、「これまで政府と一体となって新型コロナウイルス対策を進めてきた。どなたが首相になっても課題は同じだけに、これまで同様に政府と『車の両輪』となって取り組んでいく」との方向性を示した。

 中西氏自身の体調や治療の状況については、「体調や病状の進行は大したことはない。だが、再発のため、前回よりも難しい治療法に挑戦している」と説明し、今後のスケジュールは未定だという。ただ、政府の主要な会合や経団連の会長・副会長会議、記者会見などについては、経済界の意見取りまとめや「(政策へ)反映させるミッションもある」として、体調や医師とも相談し、できる限り参加したいと語った。

 7月の入院直前からは顔が若干ほっそりした様子はあるが、声量や表情などでは体調の変化は見受けられない状況だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ