PR

ライフ ライフ

神奈川で108人感染判明 障害者施設で43人大規模クラスター 新型コロナ

 神奈川県で新型コロナウイルスの感染者が新たに108人確認され、4日に各自治体が発表した。横浜市では同一施設で40人が感染する大規模なクラスター(感染者集団)が発生。一方、県全体では感染経路が不明なケースも31例あった。

 発表自治体別の感染者の内訳は、横浜市86人▽川崎市8人▽相模原市2人▽横須賀市1人▽茅ケ崎市1人▽その他県域(県が発表)10人。

 年代別では、10歳未満8人▽10代8人▽20代18人▽30代12人▽40代14人▽50代18人▽60代17人▽70代6人▽80代3人▽90代以上4人だった。

 新たに86人の感染が判明した横浜市では、そのおよそ半数にあたる40人が、旭区にある障害者施設「社会福祉法人白根学園」の施設職員と利用者だった。2日に160人の関係者を対象にPCR検査が行われていた。この施設ではこれまでにも職員1人と利用者2人の感染が確認されており、感染者は計43人となった。

 こうした感染経路が明確にされているケースがある一方、県全体ではこの日もどこでウイルスと接触したかが分からない感染例が31件みつかった。感染者の職業も学生、会社員、無職、接客業と多岐にわたり、新型コロナウイルスの社会への広がりをうかがわせている。県などによると、県内での感染者数は4日で累計5285人となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ