PR

ライフ ライフ

頭痛、肌荒れ…マスクの悩み「1分でも外して」

コットンを挟む

 夏場のマスク着用では、肌トラブルも大きな悩みとなっている。

 女性専門の皮膚科クリニック「赤須医院」(東京都港区)の赤須玲子院長によると、マスクの着用によって、口から顎にかけてのニキビ▽かぶれ▽乾燥▽汗疹(あせも)-といった症状が出ることが多い。

 ニキビは、マスクと皮膚の摩擦が主な原因で、何度も繰り返す場合もある。

 マスクと皮膚の摩擦は、かぶれの原因にもなる。皮膚を保護する角質層が取れ、ほこりや紫外線など外部の刺激を受けやすくなってかぶれ、炎症を起こすこともあるという。

 また、吐いた息に含まれる水蒸気が、マスクを外すと一気に蒸発し、皮膚が乾燥。水分が蒸発した後に残る尿素は、汗疹などのトラブルを引き起こす。

 マスクによる肌トラブルを防ぐため、まずはマスク選びを見直そう。「不織布よりも、綿や麻、ガーゼなど通気性のよい生地を選びましょう」と赤須院長。不織布を使う場合は「マスクと皮膚の間に、薄く裂いたコットンを挟むのも有効」とアドバイスする。

 汗はこまめに拭き取る。帰宅してマスクを外したら、しっかりと洗顔し、たっぷりと化粧水をつけたら、乳液やジェルで保湿する。「ゴシゴシ擦らず、優しくケアします。また、ベタベタしたクリームは避けて」(赤須院長)。

 肌に炎症が起きた場合は、タオルで包んだ保冷剤か、冷蔵庫で冷やした化粧水をつけて冷やすとよいという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ