PR

ライフ ライフ

杉良太郎さん、特殊詐欺被害の防止呼びかけ 茨城

県警本部を訪れ、特殊詐欺被害への注意を呼びかけた特別防犯対策監の杉良太郎さん=1日午後、県警本部(永井大輔撮影)
県警本部を訪れ、特殊詐欺被害への注意を呼びかけた特別防犯対策監の杉良太郎さん=1日午後、県警本部(永井大輔撮影)

 警察庁特別防犯対策監を務める俳優の杉良太郎さんが1日、特殊詐欺被害の防止を訴えるため、茨城県警本部を訪れ記者会見した。杉さんは「茨城ではキャッシュカードをすり替えたり、暗証番号を聞き出したりする詐欺が増えている」と説明し、「絶対にだまされるので、私はだまされないという考えは忘れてほしい」と呼びかけた。

 会見で記者団から、特殊詐欺対策として自身が気を付けていることを聞かれると、杉さんは「自分にとって都合の良い話には絶対に乗らないようにしている」と強調。「さまざまな世界を見てきたが、詐欺の犯人は隙がなく、実際に会うとだまされる」と語った。

 杉さんは、タレントのコロッケさんやアイドルグループ「乃木坂46」らと特殊詐欺被害防止を働きかけるプロジェクトチーム「ストップ・オレオレ詐欺47~家族の絆作戦~」(SOS47)のメンバーを務め、被害防止に向けた広報啓発活動に取り組んでいる。

 県警によると、県内の今年1~7月末のニセ電話詐欺(特殊詐欺)の認知件数は188件(前年同期比11・7%減)で被害額は2億6832万円(同21・5%減)。いずれも減少傾向にあるが、高水準で推移しており、このうちキャッシュカード詐欺盗は62件と前年同期比で17件増えた。また、被害者の86%が65歳以上の高齢者だったため、県警は高齢者に対し、一層の注意を呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ