PR

ライフ ライフ

私学助成750億円前倒し 授業料減免、コロナ対策に

 文部科学省は28日、私立大などの新型コロナウイルス感染症対応を支援するため、総額約750億円の私学助成金の交付を前倒しし、9月中旬にすると発表した。日本私立学校振興・共済事業団を通じて私立の大学や短大、高等専門学校の計約850校に渡される。

 学校によっては、コロナの影響で授業料の支払いが難しくなった学生のため、減免や期限の延期をしたり、遠隔授業や感染防止のための設備投資をしたりしている。大学の病院で感染者を受け入れている場合、特に財政状況が厳しくなっているとの訴えも出ていた。

 助成金は例年、3月と12月に交付される。文科省は12月分の半額を前倒しして渡し、充実したコロナ対策を促したい考え。萩生田光一文科相は28日の記者会見で「資金を活用し、対面授業の実施なども含めた質の高い教育を提供していただくよう、改めてお願いしたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ