PR

ライフ ライフ

高齢者・子供優先を了承 インフルのワクチン接種

 今秋以降に新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行が懸念されるとして、厚生労働省の専門部会は26日、高齢者や子供から優先的にインフルエンザワクチンを接種してもらう案を了承した。原則として、65歳以上の希望者に10月前半からの接種を呼びかけるほか、同月後半以降は医療従事者や持病がある人、妊婦、小学校低学年までの子供も対象にする。

 新型コロナとインフルを初期症状で見極めるのは困難で、この秋冬にはインフルへの感染を警戒し、例年以上にワクチン接種の希望者が増えると見込まれる。厚労省は医療機関に希望者が殺到するなどの混乱を避けるため、優先接種の対象を決める必要があると判断。法的強制力はなく、自治体や関係団体と連携し、協力を呼びかけていく。

 厚労省によると、今季のワクチン供給量は約6300万人分が見込まれ、ウイルス4種類に対応するようになった平成27年以降最大となる。例年より出荷が早まり、10月初旬には約3000万人分確保できるという。

 優先接種の対象は主に重症化リスクが指摘される人で、専門部会では、対象以外の接種希望者を拒否しないことも確認された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ