PR

ライフ ライフ

立命館大2学部、4年後に大阪に移転

立命館大衣笠キャンパス=平成27年
立命館大衣笠キャンパス=平成27年

 立命館大を運営する学校法人立命館(京都市)は25日、同大衣笠キャンパス(同市)の映像学部・研究科と、びわこ・くさつキャンパス(BKC、滋賀県草津市)の情報理工学部・研究科の2学部2研究科を、令和6年4月に大阪いばらきキャンパス(OIC、大阪府茨木市)に移転すると発表した。

 人工知能(AI)など最先端の情報通信技術が学べる情報理工学部は平成16年にBKCに、映像制作や研究を行う映像学部は19年に衣笠キャンパスに、それぞれ開設。移転でBKCから約2400人、衣笠から約660人の学生がOICに移ることになる。

 立命館は移転を機に、OICを社会課題解決のための実証実験の場と位置づけ。2025年大阪・関西万博を前に、在阪企業との連携を活性化し、アートや文化の発信機能の強化などを目指す。

 立命館の仲谷善雄総長は「最新の映像表現と情報技術を融合させ、社会に求められている新しい教育や大学の姿を創造したい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ