PR

ライフ ライフ

静岡市で県内9例目クラスター 

 静岡県内で25日、新たに8人の新型コロナウイルス感染が確認された。うち静岡市在住の20~50代の男性5人は、22日に感染が確認された派遣社員の30代男性が働く工場の同僚で、市は県内9例目となるクラスター(感染者集団)が工場で発生したと判断した。工場内で休憩中にマスクを外して食事や会話をした結果、飛沫(ひまつ)感染した可能性が高い。

 市によると、派遣社員の30代男性は発症前、埼玉県で友人の結婚式に参加。ここで感染し、勤務先で感染が拡大したとみられる。市は、工場の社名公表について「不特定多数が出入りする建物ではなく、感染者と接触者の全員を把握している。これ以上の感染拡大の恐れがないことから、社名公表の必要はないと判断した」と説明している。

 これとは別に、静岡市は23日に感染を公表した市立西奈図書館の50代女性職員の濃厚接触者1人が感染したと発表。このほか、県が新たに確認したのは、いずれも高齢でない成人で焼津市と牧之原市の2人。感染経路は特定できていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ