PR

ライフ ライフ

【ビジネスパーソンの必読書】思いがけないヒントを生む知識

その他の写真を見る(1/3枚)

 「役立たない知識」などない、と最近思うようになった。どんな知識でも、思いがけないヒントになることがある。好奇心を捨てず、いろんな知識を吸収するよう心がけてはどうか。(情報工場「SERENDIP」編集部

強い共同体意識

 □『なぜ台湾は新型コロナウイルスを防げたのか』野嶋剛著(扶桑社新書・880円+税)

 早々に封じ込めに成功し、新型コロナウイルス対策の「優等生」に数えられる台湾。その対策の経緯を追い、成功の要因を掘り下げている。

 中国・武漢から原因不明の肺炎を引き起こす未知のウイルスが蔓延(まんえん)し始めたのが2019年12月。台湾は断片的に入ってくる情報をウオッチし、同年12月31日に、確かな証拠をつかむや否や、緊急リポートをまとめ、政府内で共有。その日の午後には閣僚会議を開き、夜には住民に注意喚起を行った。同時に検疫体制を強化し、中国への確認、WHO(世界保健機関)への通報までをたった1日で実行している。驚くべきスピードだ。

 著者は、台湾の対策の決め手について「徹底した検疫と隔離」「強い共同体意識」とともに、感染症ではなく「公衆衛生」の専門家が主導したことを指摘する。幅広い見地から判断を下せる専門家の存在は、人々の不安を解消するのに十分だったのだろう。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ