PR

ライフ ライフ

光触媒、レアアース…コロナ対策に大学のモノづくり

マスクリーンを手に説明する大阪府立大の秋吉優史准教授。手前はコロナクリーナーの試作品=堺市中区
マスクリーンを手に説明する大阪府立大の秋吉優史准教授。手前はコロナクリーナーの試作品=堺市中区
その他の写真を見る(1/3枚)

 日本の大学が持つさまざまなモノづくりの技術や知見が、新型コロナウイルスに対抗するすべに生かされている。感染予防や公衆衛生といった医薬系分野に、放射線や材料などの工学系分野の研究者らも“参戦”。「必要は発明の母」の言葉通り、知恵を絞ったさまざまな製品が続々と生み出されている。(有年由貴子)

□  □  □

 空気中を漂う線香の紫煙が、装置の中に吸い込まれていく-。「コロナクリーナー」と呼ばれる装置で活用されているのは、日本人研究者が発見した「光触媒(ひかりしょくばい)反応」という化学反応だ。

 触媒物質に光を当てると電気エネルギーが生じ、活性酸素が発生。この活性酸素が有機物を最終的に水と二酸化炭素に分解してしまう。光触媒反応は、過去にインフルエンザウイルスを不活化させる効果を確認した研究結果があるという。

 クリーナー内部には触媒物質を吹き付けたフィルターと発光ダイオード(LED)電球が取り付けられており、空気清浄機のように装置周辺の空気を取り込んでフィルターを通過させる。「空気を循環させることで、飛沫(ひまつ)に含まれるウイルスを不活化できる効果が十分期待できる。会議中や教育現場、レジや窓口など接客の場面に活用してもらえれば」。装置を開発した大阪府立大放射線研究センターの秋吉優史(まさふみ)准教授はこう話す。

 実験では、高濃度の有害物質ホルムアルデヒドを1時間で35%減少させる効果が確認されたという。

 放射線安全管理が専門の秋吉准教授は4月、コロナ禍に対し「工学の観点から何か役に立てないか」と授業で用いる放射線計測用のパーツを組み合わせて装置を試作。学生らと約700個を手作りし、医療機関に無償提供するなどした。放射線の殺菌効果を研究する同大研究者らの協力を受けながら改良を重ね、完成にこぎつけた。

 企業とタッグを組んで一般に販売するほか、市場に流通するパーツで簡単に作れることから、使用部品を公開する予定だ。

 秋吉准教授は、紫外線のウイルス不活化作用を活用した装置「マスクリーン」も開発。「大学が持つ知見を生かせた。ウイルス研究に関わるとは思ってもみなかったが、違う発想から感染防止をバックアップしたい」と話す。

□  □  □

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ