PR

ライフ ライフ

神奈川で51人感染、1人死亡 新型コロナ

 神奈川県で新型コロナウイルスの感染者が新たに51人確認されたほか、患者1人が死亡し、17日に各自治体が発表した。

 発表自治体別の内訳は、横浜市18人▽川崎市3人▽相模原市9人▽横須賀市5人▽藤沢市3人▽茅ケ崎市2人▽その他県域(県が発表)11人-の計51人。そのうち29人の感染経路が分かっていない。

 横浜市では、クラスター(感染者集団)が発生している済生会横浜市南部病院(同市港南区)で、新たに入院患者の90代男性の感染が明らかになった。同病院の感染者は計11人(職員4人・患者7人)となった。

 県発表の感染者11人の居住地は、平塚、逗子、小田原、伊勢原、厚木、座間、綾瀬の各市。このうち、厚木市と伊勢原市では、それぞれ30代と40代の女性看護師の感染が判明した。

 県内で死亡が確認されたのは、横浜市の80代男性。8月13日に医療機関に救急搬送され、16日に新型コロナウイルスによる肺炎で死亡した。心不全や前立腺がんの基礎疾患があったという。妻と息子の感染も判明している。県内の累計死者数は106人となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ