PR

ライフ ライフ

西村担当相「新型コロナ弱毒化の証拠ない」

西村経済再生相=17日、東京・永田町
西村経済再生相=17日、東京・永田町

 西村康稔経済再生担当相は17日の記者会見で、新型コロナウイルスが変異によって危険性が下がる「弱毒化」をしているという説について「専門家とも議論しているが、いまのところ、それを示すエビデンス(証拠)はないということだ」と述べた。重症者の数が以前より少ないことから、インターネットなどで弱毒化が話題になっている。

 一方で西村氏は、医療現場から重症者への対応など治療法が定着しているという意見があることを紹介した上で「データで出てくればよいと思っている」と語り、専門家に整理・分析を依頼していることを明らかにした。

 西村氏はまた、政府の新型コロナ対策分科会を今月下旬に開催する方向で調整していることを表明した。分科会は感染状況を分析するほか、8月末まで維持する大規模イベントの人数上限を5千人とする制限や、ワクチン接種の在り方について議論する方針だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ