PR

ライフ ライフ

一力八段が新碁聖に、初の七大タイトル獲得

第45期碁聖戦五番勝負を制した一力遼八段(左)と羽根直樹前碁聖=東京都千代田区の日本棋院
第45期碁聖戦五番勝負を制した一力遼八段(左)と羽根直樹前碁聖=東京都千代田区の日本棋院
その他の写真を見る(1/2枚)

 囲碁の第45期碁聖戦五番勝負(新聞囲碁連盟主催)の第3局が14日、東京都千代田区の日本棋院で行われ、挑戦者の一力遼八段(23)が160手までで、初防衛を目指した羽根直樹碁聖(44)に白番中押し勝ちし、シリーズ3連勝で初の碁聖を獲得した。

 一力新碁聖は宮城県出身、宋光復九段門下。平成22年にプロ入り。テレビ棋戦のNHK杯などで優勝経験はあるが、七大タイトル戦にはこれまで5度登場しながら、すべて井山裕太三冠(31)に敗れていた。平成22年に挑戦6度目で天元を獲得した結城聡九段(48)と並び、七大タイトル獲得まで最も多くの棋戦を要した。早稲田大を今春に卒業し、仙台市に本社を置く河北新報社の記者としても活動している。

 一力新碁聖の話「3局通して持っている力は出せた。(七大タイトル挑戦)6度目と時間はかかってしまったが、結果を出せたことはよかった」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ