PR

ライフ ライフ

在宅勤務にも食事補助 コロナで変わる企業の福利厚生

「チケットレストラン」が提供するICカード型の食事補助サービス
「チケットレストラン」が提供するICカード型の食事補助サービス
その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスの影響で、出社しないテレワーク、リモートワークなどが浸透し、緊急事態宣言の解除後も継続する企業も増えてきた。これに伴い、手当や福利厚生の在り方なども見直され始めている。なかでも社員食堂や食事券、弁当といった出社を前提とした食事補助制度から、自宅や出先などでも使えるサービスに注目が集まっている。(大渡美咲)

いつでもどこでも

 「新しい働き方が広がる中で、福利厚生を改めて見直したときに、いつでもどこでも使える食事補助に対する着目度はここ1カ月くらいで上がってきた」

 そう話すのは、食事補助サービス「チケットレストラン」を提供するエデンレッドジャパンだ。チケットレストランは、全国の飲食店やコンビニで利用できるため、在宅勤務でも食事補助制度を使えるのが利点だ。ICカード型だと毎月決まった金額がチャージされるため、出社する必要もない。

 コロナ禍以降、同社にはサービスについての問い合わせが増えているといい、「全国にあるコンビニや飲食店などと契約しているので、オフィスにいてもリモートで自宅で働いていてもどこでも食事補助を使うことができる」とする。

社食からICカードへ

 「新型コロナの影響で6割以上は在宅勤務になり、緊急事態宣言が終わっても続いている。今後もリモートワークは増えると思う」

 こう話すのは、システムエンジニアを企業に派遣する「エージェントグロー」の河井智也社長だ。同社はチケットレストランを導入しており、新型コロナ前にICカード型に切り替えた。

 河井社長は「社員を派遣する業態だと社員食堂が作れないので、チケットレストランは非常に助かる。コロナ禍以降は、旅費交通費が少なくなり、今後、福利厚生や手当は出社前提のものは取り入れないと思う」と話す。

 エデンレッドジャパン代表取締役のマリック・ルマーヌ氏は「日本の食事補助は欧州に比べて圧倒的に低い。経済的なサポートがあれば、在宅でも体にいいものを食べることができ、飲食店へのサポートにもなる」とする。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ