PR

ライフ ライフ

【Dr.國井のSDG考~置き去りにしない社会を目指して(5)】(上)ゲスト・土井香苗氏 人権とは空気のようなもの

その他の写真を見る(1/3枚)

 世界の紛争地域で支援活動に携わり、現在はスイス・ジュネーブにある「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(通称・グローバルファンド、GF)」の戦略・投資・効果局長を務める医師の國井修氏。「No One Left Behind(誰も置き去りにしない)」を人生のテーマに掲げる國井氏が誰も置き去りにしない社会を目指すヒントを探る5回目の対談が、国際人権NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)」日本代表の土井香苗氏をゲストに行われた。話題は医療と人権を中心に、NGOのあり方や若者への助言にも及んだ。(対談は新型コロナウイルス流行前の昨秋に行われました)

 國井 初めてお会いしたのは、土井さんが留学されていた米ニューヨークで、私がユニセフ本部で働いていた2006年ごろですね。土井さんが日本に帰ってHRWの東京事務所を立ち上げられたと聞いて、土井さんが講演されたTEDx(「広める価値のあるアイデア」を世界中に広めるため発足した非営利団体TEDの精神を受け、世界各地で発足したコミュニティーが実施する講演会)なども見ていました。ユニセフにいたとき、ミャンマーやソマリアなど基本的人権を守れない国で働いていたこともあり、ゆっくりお話ししたいと思っていました。

 土井 うれしいです。私も楽しみにしていました。

 國井 私も土井さんと同じで「人間の大地」(犬養道子著)を読んで怒りを感じた経験があります。その怒りが土井さんの原動力になったと聞きました。頭で考えるだけでなく現場に足を運んで…。

 土井 はい、アフリカのエリトリアに行きました。

 國井 そうした経験に加え、米国でも勉強された。私も国際的な視野を広げようと米ボストンで勉強しましたし、日本になかった緊急人道支援を行う国際的な医療NGO「AMDA」の創設に関わりました。似ていますね。

 土井 そうですね。NYから日本に帰ってNGOで働きたかったんですが、給料を払ってくれる人権NGOはなく、AMDAなどを参考に日本に作ろうとも考えました。結局、NYでフェローとして入ったHRWを好きになってしまい東京事務所の設立をすることになりました。もともと考えていた日本でのNGOの立ち上げは、伊藤和子弁護士が主導して「ヒューマン・ライツ・ナウ(HRN)」という団体が設立されました。私も立ち上げに関わらせていただきました。

 國井 医療は「患者を治療する」という形で目に見えて分かりやすいですが、人権は目に見えない。HRWでは、どうやってアプローチしていますか。

 土井 私は、難民キャンプでボランティアをしたときに、与える側と与えられる側という立場の差にやりきれなさを感じてしまいました。人権のアプローチが自分のスタンスに合っていると感じ、弁護士を志しました。「人間は誰でも権利を持っています。一緒にあなたのライツを取り戻しましょう」と一緒に闘おうという関係が作れますから。ただ、権利を奪うのは多くの場合、政府や力のある存在であることが多い。そういう力を持つ加害者たちからは嫌われる。加害者に人権侵害をやめさせるのは簡単ではありません。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ