PR

ライフ ライフ

山梨知事「第2波」宣言 夜の街クラスター店を強く非難

記者会見で山梨県内の新型コロナウイルス感染の第2波入りを宣言する長崎幸太郎知事=7日、県庁(渡辺浩撮影)
記者会見で山梨県内の新型コロナウイルス感染の第2波入りを宣言する長崎幸太郎知事=7日、県庁(渡辺浩撮影)

 山梨県の長崎幸太郎知事は7日、臨時の記者会見を行い、県内の新型コロナウイルス感染状況が第2波に入ったと宣言した。また、県内初の夜の街クラスター(感染者集団)が発生した甲府市内のキャバクラを強く非難した。

 県内では6日、1日としては過去最高の10人の感染者を確認し、累計で124人となった。直近1週間の新規感染者は30人で、急速に感染が拡大。甲府市中央のキャバクラ「アムレ」関係者の感染は6日現在で5人となった。

 県は接待やカラオケを伴う飲食店などへの休業要請を継続した上で、感染防止指針を順守している店舗については要請を個別解除している。バーやキャバレーなどでつくる県社交飲食業生活衛生同業組合の加盟店のうち5店への休業要請が解除されたが、アムレは県に対策を提出せず営業を続けていた。

 知事は感染防止対策を行わずに営業していたことが「第2波をもたらした背景」と指摘。「極めて強い懸念と憤りを感じる。県民全体の生命を脅かしかねない迷惑行為」とし、個別解除を受けていない他の店に対して、休業し、感染防止対策を行うよう求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ