PR

ライフ ライフ

山梨初の「夜の街クラスター」 キャバクラの感染5人に

新型コロナウイルス感染が確認された女性の勤務先のキャバクラ「アムレ」=5日夜、甲府市中央(渡辺浩撮影)
新型コロナウイルス感染が確認された女性の勤務先のキャバクラ「アムレ」=5日夜、甲府市中央(渡辺浩撮影)

 山梨県は6日夜から深夜にかけて、甲府市中央のキャバクラ「アムレ」の関係者4人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。同店の感染者は5日に判明した20代女性従業員と合わせて計5人で、県内初の「夜の街クラスター」となった。

 県によると、新たに確認されたのは、20代男性従業員▽現時点で年代性別非公表の人▽20代女性▽30代男性。いずれも20代女性従業員の濃厚接触者としてPCR検査が行われた。

 20代女性従業員は1~3日にのどの痛みやせきがあり、4日に抗原検査で陽性が分かった。7月30日~8月1日に勤務。31日の勤務後に客と飲食店2店を利用したという。2日は休み、3日は出勤した。

 県は女性従業員が勤務した4日間の客は約50人とみられるとし、心当たりがあり、健康状態に不安がある人は保健所に相談するよう呼び掛けている。

 6日の山梨県内の感染確認は過去最高の10人となり、累計で124人となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ