PR

ライフ ライフ

藤井棋聖、最年少二冠に王手 王位戦第3局に勝ち3連勝

王位戦第3局 立会人が封じ手を開封し、対局に臨む藤井聡太棋聖(左)と木村一基王位=5日午前、神戸市(日本将棋連盟提供)
王位戦第3局 立会人が封じ手を開封し、対局に臨む藤井聡太棋聖(左)と木村一基王位=5日午前、神戸市(日本将棋連盟提供)

 将棋の第61期王位戦七番勝負の第3局は4、5の両日、神戸市で指され、挑戦者の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に149手で勝ち、3連勝でタイトル奪取にあと1勝とし、最年少二冠に王手をかけた。

 藤井棋聖は7月16日、最年少の17歳11カ月で初タイトルを奪取した。王位戦のシリーズも制すれば、二冠を獲得し、八段に昇段。いずれも最年少での記録達成となる。

 第4局は8月19、20の両日、福岡市で行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ