PR

ライフ ライフ

栃木にスクランブル交差点 渋谷の原寸大、撮影用に

栃木県足利市に誕生した「足利スクランブルシティスタジオ」=7月
栃木県足利市に誕生した「足利スクランブルシティスタジオ」=7月

 東京・渋谷のスクランブル交差点にそっくりの撮影用セット「足利スクランブルシティスタジオ」が、栃木県足利市に誕生した。東京都内の映像美術会社が昨年、ほぼ実寸大で設置し、貸し出しにも応じる。市は「映像のまち構想」を掲げて撮影の誘致に取り組んでおり、海外の映画にも登場したスクランブル交差点の知名度に期待する。

 セットは廃止された足利競馬場の跡地を利用。付近に野球場やビーチバレーのコートが広がる市有地にあり、広さは約6600平方メートル。地下街への階段や駅前交番などが本物そっくりに仕上がっている。周囲のビルをCGで再現するための壁も設置した。

 セットを建てた映像美術会社「ヌーヴェルヴァーグ」(東京都世田谷区)の関係者によると、中国映画の製作に当たり、渋谷のスクランブル交差点で撮影する話が持ち上がったものの、交通量の多さから断念。セットを作ることになった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ