PR

ライフ ライフ

高校ダンス部選手権 近畿・中国・四国大会開幕

 高校ダンス部の日本一を決める第13回日本高校ダンス部選手権(スーパーカップダンススタジアム)の近畿・中国・四国大会が1日、大阪市北区のサンケイホールブリーゼで開幕し、計11チームが全国大会出場を決めた。大会は8月2日まで開催される。

ビッグクラスで全国大会出場を決めた大阪府立久米田高校の演技=1日、大阪市北区のサンケイホールブリーゼ(須谷友郁撮影)
ビッグクラスで全国大会出場を決めた大阪府立久米田高校の演技=1日、大阪市北区のサンケイホールブリーゼ(須谷友郁撮影)

 今年の大会は新型コロナウイルスの感染防止に配慮して無観客とし、出場チーム同士の接触も極力回避。どのチームも、一時は部活動の休止を余儀なくされるなどコロナ禍を乗り越えての大会となったが、舞台ではオンラインレッスンなどの工夫で仕上げた例年と遜色ないパフォーマンスが繰り広げられた。

 全国大会は18、19の両日、横浜市西区のパシフィコ横浜で、一般客を入れずに例年より規模を縮小して開催の予定。

 全国大会に出場を決めたチームは次の通り。

 【ビッグクラス】

 府立久米田、府立堺上、府立柴島、上宮、樟蔭(以上大阪)

 【スモールクラス】

 府立柴島、府立東百舌鳥、府立阿倍野、上宮、大商学園(以上大阪)、姫路市立琴丘(兵庫)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ