PR

ライフ ライフ

北海道で18人感染、札幌のライブハウスと病院で集団感染

札幌市役所(寺田理恵撮影)
札幌市役所(寺田理恵撮影)

 北海道と札幌市は1日、道内で新たに18人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表した。このうち11人は同市で判明し、同市はライブハウスと病院でクラスター(感染者集団)が発生したことも明らかにした。道内の感染者は延べ1446人(実人数1427人)となった。

 18人の症状は非公表の4人を除き軽症か無症状で、感染経路不明は1人にとどまった。道や札幌市によると、最近は若い世代の会合による感染が目立っており、道の担当者は「若者の行動が外出自粛前に戻っている」と指摘している。

 札幌市で1日新たに感染が確認された11人のうち2人は同市中央区のライブハウスの客で、この2人を含め同日までに客6人の感染が判明し、同市は市内16件目のクラスターと認定した。6人は全員が40歳未満で、症状は軽症か無症状という。

 同市は、この店で感染が広がった恐れのある7月21~24日のライブ参加者80人全員を把握できたとして、店名の公表を控えている。これまでにスタッフと客計12人の検査を実施しており、今後も出演者17人とスタッフ18人、客33人の検査を進める。

 同市によると、店は来場者数の制限やバーカウンターへの仕切り、スタッフのマスク着用、来場者の検温などの対策を取っていたが、客の中にはマスクをはずしていた人もいた。4日間の出演者は共通しており、陽性の客6人の中には4日連続など複数回参加した客がいるという。

 同市の新規感染者11人のうち5人は同市南区の林下(はやしした)病院の病棟に勤務する看護師2人と入院患者3人で、同市はこの病院についても市内17件目のクラスターと認定した。

 5人は40~70歳代で、症状は軽いか無症状という。市は1日、現地対策本部を設置し、職員と入院患者約220人の検査を進める。

 道内では1日、札幌市以外にも、千歳市3▽石狩市1▽胆振(いぶり)地方2▽石狩地方1-の計7人の感染が確認された。道によると、7人は医療従事者や公務員、自営業者、会社員、学生ら。道によると、症状は軽いか無症状で、感染経路不明はいない。

 このうち胆振地方の20代男性会社員と年代や性別が非公表の1人は、これまでに陽性と確認されている同地方の会社員2人の友人で、4人で会食をしていたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ