PR

ライフ ライフ

消防長をセクハラで処分 埼玉・所沢、依願退職

 埼玉西部消防組合(埼玉県所沢市)の森田浩之消防長(59)が複数の女性職員にセクハラをしたとして戒告の懲戒処分を受け、7月31日付で依願退職したことが分かった。

 組合によると、6月18日に組合管理者の所沢市長宛てに被害の訴えがあった。当事者らに事情を聴き、7月2日に戒告処分とした。

 同組合は「大変遺憾だ。再発防止に努め、市民から信頼を回復できるように職務に全うする」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ