PR

ライフ ライフ

沖縄知事「爆発的な感染拡大」 71人感染、外出自粛など緊急事態宣言

玉城デニー沖縄県知事(春名中撮影)
玉城デニー沖縄県知事(春名中撮影)

 沖縄県は31日、県内で新型コロナウイルスの感染者が新たに71人確認されたと明らかにした。同県の1日あたりの発表分では、過去最多だった30日の49人を大きく上回った。玉城デニー知事は同日、「爆発的な感染拡大がみられる」と強調。警戒レベルを引き上げるとともに、「不要不急の外出自粛要請」など県独自の緊急事態宣言を発出した。

 県によると、感染者用の病床利用率が104%となり、医療崩壊が懸念されるという。20~30代の接客業が多く、那覇市の繁華街のほか石垣市でもクラスター(感染者集団)が発生したとみられる。これで県内の感染者数の累計は395人となった。

 感染拡大を受け、玉城氏は県の警戒レベルを現在の第2段階(流行警戒期)から第3段階(感染流行期)に引き上げた。

 その上で緊急事態宣言を発出。(1)沖縄本島における不要不急の外出自粛(2)那覇市内の飲食店の営業時間は朝5時から夜10時まで(3)県をまたぐ不要不急の移動自粛-などを求めた。県外からの渡航は「慎重に判断」するよう促している。期間は8月1~15日。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ