PR

ライフ ライフ

食ブランド「あしかがヌーボー」始動 中国料理シェフ、薮崎さん設立 栃木・足利

「あしかがヌーボー」を立ち上げた中国料理シェフの薮崎友宏さん(中央)
「あしかがヌーボー」を立ち上げた中国料理シェフの薮崎友宏さん(中央)

 あしかが輝き大使でとちぎ未来大使でもある中国料理シェフ、薮崎友宏さん(46)が、栃木県足利市などの食材を活用した食ブランド「あしかがヌーボー」を立ち上げた。第1弾として足利産のブランド牛を使用した「足利マール牛肉まん」を開発、販売を始めた。

 薮崎さんは静岡県出身で、東京都内の中国料理店「南青山 Essence」のオーナーシェフ。妻が同市出身という縁もあり、市内の農園約50アールで店で使用する野菜約200種類を栽培している。昨年2月には、市からあしかが輝き大使に委嘱され、東京と足利を行き来しながら各種イベント、食育活動などに励んでいる。

 今春、新型コロナウイルスの影響で客足が減少し、その対策として、市内の保育園の食育講座で提供した足利産ブランド牛の足利マール牛を使った肉まんを自身の店舗などで販売したところ、予想以上の反響があった。前後して市から市内企業との商品開発の打診を受け、「足利のPR、活性化に寄与できれば」と食ブランドの立ち上げを思い立った。

 同市出身のアートディレクター、玉村浩一さん(34)らと相談し、「足利から新しい(ヌーボー)ものを発信」する狙いでブランド名は「あしかがヌーボー」とし、ロゴデザインも作成した。

 足利マール牛肉まんの材料は、牛肉をはじめ小麦粉、干しシイタケ、タケノコなど足利を中心に県内産を使用。製造販売は「ふ~でゅ~す」(同市昌平町)が担当し、シールや包装用段ボールなども地元企業が手がけた物にこだわった。今後は中華調味料や薬膳料理の商品開発なども検討するという。

 市内で開かれた説明会で薮崎さんは「足利にはいい食材があり、一部で農業廃棄物を利用した循環型農業も成り立っている。食を通して地元の魅力をどんどん発信したい」と話した。

 足利マール牛肉まんは1個650円。問い合わせは「ふ~でゅ~す」(0284・55・5930)。

(川岸等)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ