PR

ライフ ライフ

7月の台風、初のゼロ 南シナ海に熱帯低気圧

気象庁
気象庁

 気象庁によると、南シナ海の熱帯低気圧は31日最終の午後9時の観測で台風に発達しなかった。1951年の統計開始以来、初めて台風が発生しない7月になった。南シナ海を進む熱帯低気圧は8月1日にも台風になる可能性がある。

 気象庁によると、熱帯低気圧は中心気圧が998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートル。時速約10キロで西北西に進んでおり、日本に直接の被害を与える可能性は低い。

 米ハワイ付近から西に進んだハリケーンは低気圧に勢力が落ち、30日に日付変更線を越えて気象庁の監視域に入ったが、台風にはならなかった。

 今年は台風が多く発生するフィリピンの東の海上に太平洋高気圧が張り出し、対流活動が抑えられて熱帯低気圧や積乱雲が発生しにくかった。台風の発生は5月12日の1号、6月12日の2号から途絶えていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ