PR

ライフ ライフ

西村担当相「判断の指標、取るべき対策を」 コロナ対策分科会

 政府は31日、新型コロナウイルス感染症対策分科会(会長・尾身茂地域医療機能推進機構理事長)を開き、1日当たりに報告される新たな感染者が千人を超え、感染が全国的に拡大している状況を分析し、対策について議論した。

 西村康稔経済再生担当相は冒頭、「判断の指標、取るべき対策について、しっかり議論したい」と述べ、都道府県が感染防止策を強化する判断材料となる指標や具体的な措置を検討するよう求めた。西村氏は、小池百合子東京都知事や吉村洋文大阪府知事もテレビ会議形式で参加し、感染状況や対策について報告すると紹介した。

 加藤勝信厚生労働相は「重症者数が少しずつ増えていることも含め状況を注視する。医療現場の負担感を少しでも軽減するため、国民にもより一層の感染防止対策の徹底をお願いしていきたい」と語った。

 都道府県が迅速な対策を実施できるようにするため、分科会は重症者の病床数、感染を調べるPCR検査の陽性率、60歳以上の感染者数といった複数のデータを基に、感染状況を3段階に分類する指標作りを進めてきた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ