PR

ライフ ライフ

【ウエカツ流 サカナ道一直線】(43)今こそ知るべしイセエビの醍醐味

「千葉のイセエビ」(全国漁業協同組合連合会提供)
「千葉のイセエビ」(全国漁業協同組合連合会提供)

 浜の市場の生(い)け簀(す)の中で、長く雄々しい触角をかざし、赤銅色のいかめしい岩礁のような体●(たいく)のイセエビを眺めていると、何やらめでたい気持ちになってくる。

 エビの中では大きく育ち、大きいもので30センチ、1キロを超える。南方にはさらに大きいゴシキエビがいるけれど、赤黒い甲冑(かっちゅう)のようなイセエビにこそ、われわれの大和魂は惹(ひ)かれ、揺さぶられるのである。

 日本人好みのエビなれど、日本海と瀬戸内海にはいない。主な産地は茨城県より南の太平洋側の沿岸。千葉、静岡、和歌山など、特に黒潮がぶつかる半島がある地域に集中している。

 というのはこのエビ、南方の深場で孵(ふ)化(か)すると、薄い透明フィルムのような10センチもあるフィロゾーマという幼生になって浮上、潮に乗り、岸近くの海藻が多いところに到達すると脱皮して、通称“ガラスエビ”といわれる2センチほどの稚エビとなって着底する。なるほど磯の海藻が多いところにイセエビは多い。

 その生き様はまさに謎。不思議だらけのエビながら、その姿ゆえ新郎新婦の祝いの膳には茹(ゆ)で上げて真っ赤なイセエビが鎮座する「ハレ」のエビだ。そもそも大きなエビなので、尻尾に詰まった肉も大きい。刺し身、焼き、茹(ゆ)で、天ぷらなどいずれも弾力の強いエビ味をほおばる醍醐味(だいごみ)がある。

 だが、かつてイセエビ漁に従事していた者としては「けっこう大味、飽きる味」と、あえて言わせてもらう。

 そこでどのように食うかといえば、ダシが素晴らしいのでまず味噌(みそ)汁。ナス入れると旨味(うまみ)を吸って一層よろしい。次に煮つけ。小さめのを酒、醤油(しょうゆ)、みりん少々で煮ると、このエビの香りが立つ。身を食い、残り煮汁を冷やしておき、刻みネギを散らして食う素麺(そうめん)こそが、夏のエビ味の骨頂だ。

 大きい奴は、身を観音開きに大きく切り開いて特大のフライにする。辛子醤油を垂らして食えば、快哉(かいさい)。新型コロナウイルスの被害で漁師も大変。安くて困っている。買って支えて歓(よろこ)び合おうではないか。(ウエカツ水産代表 上田勝彦)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ