PR

ライフ ライフ

北海道・旭川で愛知県在住の女性が感染

 北海道旭川市は30日、同市で新たに確認された新型コロナウイルス感染者について、愛知県に住むアルゼンチン国籍の無職の50代女性と発表した。24日から旭川市に滞在しており、市が行動歴や接触者などを調べている。

 市によると、女性は24日に千歳市の新千歳空港を経て旭川市に1人で到着し、28日に嗅覚障害などを発症した。症状は軽く、潜伏期間の発症前2週間に海外渡航歴はない。

 女性が旭川市を訪れた目的は不明だが、市内では日常的な買い物に出る以外は滞在先で過ごしていたという。市は「感染経路は特定できないが、旭川へ来る前に感染したとみられる」との見方を示している。

 道内では30日、この女性を含む9人の感染が確認された。ほかの8人のうち7人は札幌市の20~30代女性で、残る1人は胆振(いぶり)地方に住む男性会社員。道や札幌市によると、同市の症状が非公表の2人以外は軽症という。

 30日午後5時時点の道内の感染者は延べ1413人(実人数1394人)、死者は103人。治療中の患者は73人で、このうち3人が重症となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ