PR

ライフ ライフ

北海道で新たに9人感染、札幌「すすきの」関連は44人に拡大

札幌市役所(寺田理恵撮影)
札幌市役所(寺田理恵撮影)

 北海道と札幌、旭川の両市は30日、道内で新たに9人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表した。このうち7人は札幌市の20~30代女性。旭川市では愛知県在住で外国籍の50代女性の感染が判明した。残る1人は胆振地方に住む男性会社員。道内の感染者は延べ1413人(実人数1394人)となった。

 また札幌市は30日、同市中央区のライブハウスに関係する感染者が同日までに3人確認されたことを明らかにした。市は、3人がこのライブハウスで感染したかどうかも含め調査を行っている。

 さらに、同市中央区の繁華街すすきの地区にある接待を伴う飲食店の従業員ら「夜の街」関係の感染者が、29日時点から2店2人増えて23店計44人に拡大したことも明らかにした。全員が40代以下で、7割超が30歳未満の若い世代という。

 道内で30日確認された新規感染者のうち、札幌市の7人の内訳は20代女性6人と30代女性1人。症状が非公表の2人以外は軽症で、7人のうち5人の感染経路が不明となっている。道によると、胆振地方在住の男性会社員も軽症で、感染経路が分かっていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ