PR

ライフ ライフ

岩手の感染者は2人 盛岡の男性は関東のキャンプ場でテント泊

 新型コロナウイルス感染者が全国で唯一確認されたいなかった岩手県で29日、初めての感染者2人が確認された。同県の発表によると、感染者は盛岡市在住の40代の男性と宮古市在住の30代の男性で、PCR検査で陽性と判定された。

 盛岡市の40代の男性は22日から関東地方のキャンプ場で東北以外から合流した友人3人と26日まで同じテントに滞在。キャンプ中から咳などの症状があった友人が28日に新型コロナウイルスに陽性と判定され、自らも帰県後に軽いのどの違和感と咳の症状が出たため29日に盛岡市内の帰国者・接触者外来を受診した。

 県と盛岡市は29日夜に共同会見を開き、40代の男性の濃厚接触者は27、28日に外食の昼食をともにした同僚、近距離で打ち合わせをした同僚合わせて5、6人あるいは十数人に上るものとみて調査を進めている。男性は仕事中はマスクを着用、立ち寄り先や家族に濃厚接触者はいないという。男性は感染症指定医療機関に入院した。

 宮古市の30代の男性は27日に受けた民間のPCR検査の結果が29日夕に判明、陽性と分かった。入院の準備を進めている段階で、症状や濃厚接触者の有無など詳細は不明という。県は初の感染者確認を受けて30日に対策本部員会議を開いて今後の具体的な対応を決めることにしている。

 国内の1日の感染者数が初めて1千人を超えた中での県内初の感染者確認について、達増拓也知事は「岩手県も決して例外ではないということ。県民の皆さんも自分自身が感染する可能性があるのだと思って、感染対策をしっかりやってほしい」と呼びかけた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ