PR

ライフ ライフ

東海道新幹線運転士が感染 軽症、運行に影響なし

 JR東海は29日、東海道新幹線の20代男性運転士が新型コロナウイルスに感染したと発表した。乗客との濃厚接触や、今後の新幹線運行への影響はないとしている。運転士は名古屋運輸所の所属。軽症で自宅療養しており、完治するまで仕事を休む。

 JR東海によると、今月23日から24日にかけて泊まり勤務で、東京-新大阪間の「のぞみ」や東京-名古屋間の「こだま」上下計4本を運転した。24日の勤務終了後、体調不良となり医療機関に相談。PCR検査の結果、28日に陽性が判明した。

 運転士はマスクを常に着用。立ち寄った事務室や寝室などの消毒を済ませた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ